育児のこと いろいろ書いてるよっ

【宿題をしない子供へ】 “書” で訴えてみた。親ごころを注ぎ込んだ心画(書道)をどうぞ

スポンサーリンク


こんにちは。

小学生や中学生の、長ーい夏休みはあっという間に終わりに近づいてしまいましたネ。

 

うちに住んでる小2の男子は、

朝、外に消えて行って、太陽に焼かれて焦げたみたいになって夕食を食べに帰ってきます。

 

 

熱中症とも無縁なタイプ。

外で友だちと遊んだり、
友達が留守の時は近所を散歩(?)しているそう。

子供の行動は不思議にあふれていますね。

 

 

我が家の子供1名・

宿題したくない・自由に過ごしたい・家ではノンビリしたい……というポリシーだそうです。

「宿題しなさいよ」と何万回と言っても、彼には届かない・・

 

 

 

そこで、紙に書いて伝えてみよう。と思ったんです。

せっかくなので、でっかい紙に書いて訴えることにしました!!

 

 

参考にした下記のサイト↓の文章に、

書は人の内面の思想・情感を外在に表現するもの

と、ありました。書道で おかあさんの心画を書けば、伝わるということもあるかもしれません。

使い方があっているかは分かりませんが、期待しています。

中国の揚雄(紀元前53―西暦18)という著名な哲学者・文学者・言語学者が、
『法言』という著書の中で『書心畫也(書は心の画である)』と述べています。『“言”は“心”の“声(音、音声)”であり、

“書”は“心”の“画(図象、紋様)” である。

書は人の内心を源とする思想や情感・修養・品徳などの
精神境界を外在に表現するものである』という意味をなしているそうです。

 

日本においても 古来より『書は人なり』という言葉があり、
書には、それを書いた人の内面が表れるといわれています。

 

引用:字心ホームページへようこそ  字心ホームページ 

 

 

どでかい紙!!です(息子の道具を拝借)

太筆

とても太い筆で書きまする(筆4000円する)

筆で書くのは難しかったです。一画づつゆっくり書いてくと、、ボールペンでサラサラ書いている時とは違う感覚。

 

 

ピアノの練習もして欲しいので、「宿題と練習しなさい」と書きます。

意外にも集中的が出てきます・・・楽しくなってきました。

 

 

思ったよりうまく書けた!!!!!!、と私は思いましたが

shodou

 

字が間違っていた(汗)。

スマホ認知症

(※今後の記事で書く予定です)というやつですかね?

 

 

 

 

 

 

 

調子に乗って「継続は力」も書きました。

これは、わたし自身にも向けて書いています。

 

才能はなくても・・継続すれば成功する

keizokuhatikara

書道は書いていると、心が引き締まる感じがします。

自分が子供の頃に書いている時は、なにも感じなかったのですが

大人になって書いて見ると、、

精神世界との繋がりを感じましたゾ!

 

 

 

 


壁に二枚ならべて、息子の帰るのを待つのみ。(誤字は直しました)

書道2つ

 

 

 

 

 

 

 

やっと息子が帰ってきました。

 

 

 

 

「ただいまーー。喉かわいた」

と、素通りして行った。。。。

 

なにも気づいていないようです

 

残念です。

 

 

では諦めずに、

 

息子のベッドの上に置いておこうと思います!!


 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

うちに住む男子は、親の思うようにいかないところが、未知・理解の難しい存在です

が、自分も楽しくやれたら良いなぁ〜、って思っています。

 

では皆さんも 残りわずかの平成の夏をお元気でお過ごしください

 

ではまたね!

 

-育児のこと, いろいろ書いてるよっ

© 2020 まりこりまーりの小世界