暮らしのお役立ち帳 いろいろ書いてるよっ

【頭がデカい悩み】帽子のサイズを大きくする方法・実践してみたよ

スポンサーリンク

こんにちは。今回は、帽子のサイズを大きくする方法を、紹介しますね。

 

頭のサイズの大きいと、帽子を買いに行ったときに、サイズが合わない・キツくて かぶれない、ということはありませんか?

頭が大きいと、なかなか、ピッタリな帽子に出会えないですよね。

 

私は、頭が大きいのですが、試しに  どのくらい大きいのか計ってみます。

頭囲(頭のハチの部分)をメジャーで測ると、58cmはありました・・やはりデカいというしかないです!

 

日本人の平均頭囲は?

・成人男性=57.1cm
・成人女性=54.6cm
帽子のサイズは実寸+1cm必要

このBIGヘッドのおかげで、かぶれる帽子への出逢いが減るなんて、残念すぎます。

 

自分の話ですが、夏休みに旅行に行く予定があり、折りたたんで、バッグに入れることが出来る 帽子が欲しくて(荷物が減って便利かな?と思い)お店に買いに行ったのです。

すぐに理想的な帽子を発見。でもちょっとサイズが小さくてキツッイかも?
それでもデザインも好みだし、一目惚れです。

深く考えずに、すぐにお会計を済ませて家に帰りました。

 

でも家に帰って冷静になると、やっぱりサイズが小さくて長時間はかぶれません・・。

 

それでも 気に入っていたので、サイズを直してみることにしたんです。

時間はかかりましたが、サイズを大きくする事に成功しました!

 

今回の記事では、帽子のサイズを大きくする方法 を紹介しますね。

 

 

 

帽子のサイズを大きくする方法・2つ

  1. “帽子のサイズを大きくする器具” が、帽子店にあるので、これを使ってサイズを伸ばす。(お店によっては置いてないことも。素材・デザインなどにより伸ばせない帽子もある)
  2. 帽子にハサミを入れて、幅を広げて、足りない部分に布を縫い付ける方法

私は2番のハサミを入れる方法で治しました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

作業工程を紹介します

bousi

←①これが、サイズ修正前の帽子。(リボンがお気に入り)

リボンを留めてある糸を丁寧に切って、リボンなどの飾りを外して分解します。

 

 

(飾りのついていない帽子を直す場合は、そのままでも良いですが、②番の切り込みは帽子の縫い目に沿ったほうが良いので、その縫い目の糸をほどいておいても良いと思います。難易度は高めかも。)

 

 

 

 

 

②ハサミを入れてゆきます。切っても目立たなそうな場所を選んで切り込みます。

bousikiru

ザクザク。わるいことはしないわよ

 

 

 

 

③切りこみを入れて、サイズに余裕を持たせましたら、生地を継ぎ足しチクチク縫います

(その前に、念のため、切った状態でかぶってみて、ちょうど良いか、まだ小さいか?などチェックしてから縫っていきますよ。)

継ぎ足す布は、帽子の色と同じが理想です。(私の家には無かったので、スーツについてた予備の布を使用しました。この布も使って貰えて嬉しいはず?です)

bousinuu

 

 

 

nuu

まち針で留めてちゃんと留めて縫うよ

 

 

④縫い終わったら、余った布の部分も適当に縫っておきます。

帽子サイズ大きく

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

nuu2

余った布の部分を適当に縫った後

 

 

 

⑤外しておいた、リボンを糸で縫い付けます。(リボンなどの飾りのない帽子を直す場合は、修正部分が目立たないように、スカーフを巻いたり、リボンを作ってつけたり、コサージュなどの飾りをつけて、隠すのも良いと思います。)

 

帽子のサイズ治す

 

 

 

 

⑥完成です!

 

帽子のサイズ治した

うまくサイズを直せました!

 

 


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

デザインによっては、うまくいかないときもあるかと思いますが、

アイディア次第で カバーできるかもしれません。(飾りで隠す など)

よろしければ、参考にしてくださいね。

 

いろいろ手をかけてサイズを大きくした、お気に入りになると良いな、と思います。

それでは またね!!

<短歌を 考えてみました>

帽子きつい
かぶれないよりマシ
トライ&エラー(字余りです)

 

-暮らしのお役立ち帳, いろいろ書いてるよっ

© 2020 まりこりまーりの小世界