いろいろ書いてるよっ

【iPhone手帳型ケース・デメリット】 私が手帳型ケースをやめた恥ずかしい理由。

こんにちは、まりこりまーり です。

スポンサーリンク

私は先日、新しいiPhoneに機種変更したのですが

もちろんケースも必要ですよね。

そこで、今まで使ったことのない手帳型のケースを使うことにしました。

手帳型ケースは、お洒落なデザインのものや、可愛いもの、

カードも収納できて 便利ですよね。

鏡がついているものもあり、美容を気にする人にも嬉しい限り。

早速購入しました。

しかし先日、その手帳型ケースを使っていて

やってしまった恥ずかしい事件がありました。

 

(…恥ずかしいので書こうか迷いましたが、誰かの役に立つかも、と思って書くことにしました。)

 

 

 

サイレントモードなのに、突然 アラームが鳴りました・・

その日私は会議中(のような状況で、実際は会議ではないのですが。)でした。

ここで 着信が鳴っては絶対にマズイ!という場面ですので

当たり前ですが、サイレントモードにしていました。

スポンサーリンク

 

ところがです。

AM10:00

突然、アラームが鳴りました!!

音もムダに大きくて、焦りまくりです。

サイレントモードにしており、安心していたのに、音が鳴ってビックリしました。

 

もちろん、そこにいた人達の視線が集中し、刺さります。

申し訳なくてたまりません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スマホケース 手帳型 全機種対応 手帳 ケース カバー レザー iPhoneXS...
価格:1850円(税込、送料別) (2018/12/22時点)

楽天で購入

 

 

 

 

そうなんです。

知っている人は多いと思いますが、

iPhoneは、サイレントモード(マナーモード)にしていても、アラームは鳴るんです。

私も それは知っていたはずでしたが、

うっかり 忘れてしまっていました。

 

アラームは目覚ましなどに便利ですし、使っている人も多いと思いますが、

うっかりすると危険 なので気をつけないといけませんね。

 

 

♦︎対策♦︎サイレントモードでアラームを鳴らないようにするには?

iPhone には、サイレントモードの時にアラームが鳴る、という仕様で

これは変更できないのです。

ですので、サイレントモードにした時には、アラームも確認してオフにする、

と、気をつけていれば大丈夫ですよね。

 

 

 

 

 

 

または、iPhone のアラーム機能を使わず、

アプリ(サイレントモードでアラームを鳴らさないという設定ができるアプリ)

をダウンロードして使う、という方法はあります。

 

 

 

 

その後 / スヌーズ機能で、再度 アラームが 鳴ってしまったんです・・

鳴ってしまったアラームを、すぐに消そうとしましたが、

手帳型ケースのフタを開ける、一瞬の時間さえ、待っていられない状況。

『焦る〜!!』 ←( 自分 )

 

手帳型ケースは、開かないと、画面(液晶)が見えないため、

“フタを開く”という動作をしなくてはいけませんよね。

音を消す、 “停止ボタン”  は画面にあるので

開かないと 押せない! ので困りました。

 

そこで、とにかく どこのボタンでも 押せば音は止まる、と知っていたので、

唯一、カバーで隠れていない サイドボタンを押すと、音は止めることができました

スポンサーリンク

 

しかしです。その後10分くらいたち、また

どデカイ音 の アラームが!……鳴ってしまったんです。

 

 

 

 

 

 

 

これは、スヌーズ機能が働いてしまった為です。

サイドボタンを押して音を止めると、スヌーズになるだけ。停止ではありません。

9分(固定)経つと、またアラームが鳴ってしまいます。

 

 

 

♦︎手帳型ケースの人は特に気をつけて♦︎

手帳型ケースは、慌てて音を消そうとする時に、開くのが手間なときも。

フタをしたまま、適当にサイドのボタンを押して 音が止まっても、スヌーズになってしまいます

この方法で音を消すと、再度アラームが鳴ってしまいますので、気をつけてくださいね。

 

 

<<追記>>
自分のケースは、ボタンで蓋を止めておくタイプで、開閉に手間がかかります。

ですので、手帳型でも、フタを止めるボタンなど付いていないケースなら、まだ良いのかも知れませんね。

スマホ本体だけでなく、スマホケースももっと進化してほしいところですよね。

 

 

 

その後 / 電源オフにしようとしたら、スクリーンショット音が鳴ってしまった話

ここまでで、2度も 音を出してしまい恥ずかしかったです。

また鳴ると、心臓にも良くないなあと思い、もう電源を切ってしまおう! と思いました。

焦っていたのでしょうか。電源オフを間違えて(長押しするボタンを間違えて短く押してしまった)

スクリーンショット音を鳴らす、という失態をおかしてしまいました。

 

『一体 あいつはナニをしている?盗撮か?』

と思われたかも知れませんが、もう知りませんー・・・

 

 

 

 

その他 【 手帳型ケースのデメリット】を思いつく限り 集めました。

手帳型ケースの良いところは、すぐに思いつくと思いますが、

デメリットはあまり分からない、という人もいると思うので、思いつく限り書いておきます。

スポンサーリンク

  • フタを開く必要があるので、手間が増えます。
  • 写真を、片手で撮ることが難しいです。
  • 写真を撮る時、フタが 影になってキレイに撮れない時があります。
  • 熱がこもりやすい為、電池の寿命が縮まる場合も。
  • ケースが邪魔をして、ワイヤレス充電ができないものもあります。
  • マグネットでフタを留めるタイプは、磁気でクレジットカード類がダメになることもあり得ます。
  • 開け閉めする回数が多いので、ケース自体が 早く痛みやすい。
  • デザインにもよりますが、スマホの厚みが増して、スタイリッシュでは無くなる。
  • 電話をしている時、フタがヒラヒラして、少し邪魔な気がします。
  • アラームを消すときは、フタを開けないと消せませんよー。

 

 

 

 

 

 


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

会議中など、鳴ってはいけないタイミングで

突然、大音量で音がなるというのは、周りの人に迷惑もかけてしまいますよね。

今回はそれだけでなく、自分の心臓もびっくりして、寿命が縮まりました・・

すぐに手帳型ケースをやめて
フタのない、シンプルなケースにかえましたよ。

これなら慌てている時もサッと操作できるので安心ですよね。

 

 

-いろいろ書いてるよっ

© 2020 まりこりまーりの小世界