ピアノの事

【音楽のような調律】に酔った!うちのピアノが帰ってきたヨ

こんにちわっ。

以前まりこりまーりの家にあるピアノを
修理(弦の交換)に出していました。

ピアノを弦交換に出してる話

ピアノ搬送日が大雨ザーザーだった話

そしてやっと家に帰って来ました。
天気も良くてよい日。修理して帰ってくるまで2ヶ月以上かかったかんじです。

 

ピアノの運搬屋さんは2人で来て、ササッと部屋に運んで、
ササッと、いつの間にか居なくなっていた、
というくらい素早い作業でした、さすが。

 

その後、弦交換をしてくれた調律師さんに調律してもらいました。

 


 

途中、ポロんぽろん、ポロんぽろん、
と時々音が鳴ったり、

 

聞いたことのない、個性的な鳥のなき声みたいな音がしたり。
なかなか心地よい!感じです。

 

たまに超スピードに、半音階を駆け上がる音が、突然。

ダダダダダダダー

 

調律が終わりに近づいてくると、
なにかの曲を、一瞬だけ、弾いたり。

 

その曲、段々と長くなってきたりもするんですが、
また作業して、
一瞬だけ曲を弾くんです。

 

そんなのを繰り返して、ようやく終了したようです。

と、思ったら、

 

また、素晴らしいお洒落な演奏?!が!

突然で、ビビりました。。


 

 

 

とにかく演奏の上手な調律師さんで凄かったです。
まるで音楽のような調律で芸術的。

 

調律師さんは、ピアノが弾ける人ばかりなのかな?と疑問に思って、
ネットで調べてみると、

そうでもないようでした。

もちろん弾ける人も多くいるけれど、
“職人気質”というような調律師さんであんまり弾けないけれど、調律の腕はすごく良いという人、プロ並みの演奏だけど調律はイマイチ、という感じの人など、、いろいろいるようですヨ。

 

うちに来てくれてる調律師さんは、演奏のお仕事もされているそうで、さすがでした。
ピアノの修理も全部自分でやっているそう。プロですね!

なんだかすごく楽しそうな雰囲気のかたでよかったです。
主役のピアノよりも、気になった素晴らしい演奏(調律)でした・・

(もちろん、ピアノも弦交換したので、音も蘇ってまだまだ長生きしてくれそうです。)

なんだか良い1日になり、ありがたいなあ。

それではまたね!

-ピアノの事

© 2020 まりこりまーりの小世界