ヘア

ウィッグで頭痛/意外な原因はコレかも?4つの解決法を紹介します。

こんにちは。

ウィッグを被っていると、頭痛がしたり

頭だけでなく肩も凝ってくる、

そんな悩みを持つ人も多いのでは、と思います。

せっかく気に入っているウィッグでも頭が痛くなってしまうのは

残念ですよね。

頭が痛くなるのは、サイズが合わないのかな?と思うかもしれませんが

原因は他にもあります。

 

今回は、ウィッグで頭が痛くなる原因と、解決法を紹介しますね。

 

 

 

 

ウィッグで頭が痛くなる原因は?

♦︎ウィッグの重さが原因

 

ウィッグ自体に、重さがあるので、それが負担となり頭痛や 肩こりを引き起こす時があります。

ロングウィッグだと、200グラム以上もあるものが多いんです。

 

 

 

♦︎ウィッグのサイズが小さい

 

自分には小さい、サイズの合わないウィッグを被っていると、頭を締め付けている事になります。

それによって 頭痛がしたり、血流が悪くなり 凝りの原因になります。

 

スポンサーリンク

 

♦︎ウィッグを被る時に使う、ネットが原因

 

意外な原因ですが、専用のネットのゴムがキツイネットの伸びが悪い、ということがあります。

 

ウィッグを購入すると、一緒にネットがオマケで付いてくることがありますよね。

そのネットの品質はあまり良いとも言えず、地毛の生え際に当たる ゴムがキツいことがあります。

 

一緒に付いてくるネットは、同じメーカーでも多少の誤差がある場合もあり、

どれも同じだろう、と思って使っていると、以前 使っていたネットより小さい・キツい、ということがありますので注意してください。

 

 

 

 

♦︎ネットの被り方・位置が原因

 

ネットを被った時に、地毛の生え際あたりにネットのゴムがあると思います、

地毛の生え際よりも 前の位置(おでこに近いところ)にゴムがあると、こめかみや皮膚が締め付けられて

痛くなることがあります。

 

 

ウィッグで頭痛・4つの解決方法を紹介

♦︎重さが原因 /解決法は?

 

ウィッグの重さによって頭が痛くなる場合は、軽いウィッグを選ぶことです。

機械製のウィッグよりも、手植えのウィッグ(職人さんが 髪を一本一本植えている、手づくりの商品)

のほうが 重さが軽くできていますので、そちらを選ぶ事をオススメします。

 

または、ロングウィッグよりも、ショートのウィッグのほうが軽いので、そちらを選ぶのも良いですよね。

 

スポンサーリンク

 

その他の方法としては、ポイントウィッグや、ハーフウィッグ、トップカバータイプのものなど、

フルウィッグではない(頭全体を覆わない)タイプを試してみるのも良いです。

大抵のものは フルウィッグよりも軽くできています。

 

 

 

♦︎ウィッグのサイズが小さい /解決法は?
  • ウィッグの裏についている、アジャスターが、キツくなっている場合は緩めます。

 

  • まずは、自分の頭のサイズを測ってみて、合うサイズを見つけることが大切です。

頭囲の測り方(こちらのサイトにあります)

 

※地毛の長い人は、ネットにおさめる髪が多くなるので、髪のぶんも考慮したサイズを探しましょう。

 

 

頭のサイズが大きい人にオススメの記事はコチラ↓

【頭が大きい悩み】大きいサイズのウィッグはある? どのメーカーがオススメ??

【頭が大きい悩み】②大きいサイズのウィッグはある?続編

 

 

 

♦︎ウィッグを被る時に使う、ネットの締め付け が原因  /解決法は?
  • 使っているネットがキツい場合は、応急処置として、手で引っ張ってゴムを伸ばしたり、

伸ばした状態でしばらく固定しておくと、多少はゴムが緩くなります。

 

 

  • 大きめのネット を購入する

大きめのサイズのネットなら、ゴムの締め付けも気にならなくなります、地毛が長い人にもオススメです。

 

スポンサーリンク

 

 

  • 伸びの良いネット を購入する

質の良いネットは、少しお値段はしますが、ゴムの伸びが良くかぶり心地も楽です。

 

 

 

  • 締め付けず、被るタイプのネット を購入する

医療用として使っている人も多い、被るタイプのネット、キャップなどもオススメです。

ガーゼ素材のものや、サイズ調節のできるアジャスターがついたものもあります。

 

 

 

  • ネットのゴムの部分が、幅が太いタイプを購入する

ゴムの部分の幅が狭いと、くい込んでキツく感じることがあるので、幅の太いタイプを使うことで

解決する場合があります。

 

 

 

 

 

♦︎ネットの被り方・位置が原因 /解決法は?

ネットを被った時に、地毛の生え際よりも、後ろ(髪の毛の上)にネットのゴムがくるようにします。

ネットの位置と同じく、ウィッグも、前のほうに被りすぎないほうが、締め付けられず良いです。

 

スポンサーリンク

 

 


いかがでしたか。

今回は、ウィッグで頭が痛くなる原因と、解決法を紹介しました。

解決法は、まず ネットを被る位置を確認したり、ウィッグのアジャスターを緩めること、

自分の頭のサイズに合っているかチェックし、合わない場合は、大きめのウィッグに替えます。

ウィッグのネットを替えてみる、軽いウィッグに替えてみる、などの方法があります。

頭痛が解消して、快適にウィッグを楽しめるようになれば良いなと思います。

 

次回は、頭痛のする人にもオススメの、ウィッグネットを紹介しますね。

ウィッグ
ウイッグで頭痛がする人にオススメ・キツくないネット5点を紹介

こんにちは。 ウィッグで頭痛がする原因は、ウィッグの下に被る、ウィッグネットが原因のこともあります。 ネットが小さかったり、ゴムの伸びが悪かったりすると、しめつけられて痛くなるんです。 スポンサーリン ...

-ヘア

© 2020 まりこりまーりの小世界