美容

【時短になる】眉スタンプは難しい?最小限のコツ・プラスアイテムを使えば叶う。

こんにちは。

朝は、少しでも沢山寝ていたい私 の救世主【眉スタンプ】を紹介しますね。

スポンサーリンク

女の人なら、出掛ける前にはメイクもしなくちゃ、という人も多いと思います。

忙しい朝、メイクを楽してキレイに仕上げ、なおかつ時短できれば良いな〜

そんなふうに思う人もいるはず。

 

(例:一回のメイクに15分かかったとすれば、1ヶ月で約7.5時間。結構かかってますね)

 

そんなあなたなら、もう使っているかも知れない【眉スタンプ】です。

使いこなすのが難しい、という人も多いとも聞きますね。

自然・キレイに仕上げるには、手直しが必須。

 

眉スタンプの、時短というメリットを保ったまま

最小限のアイテムをプラスして手直しする方法・うまく押すコツ

を紹介しますね。

 

 

KISS NEWYORK(キス ニューヨーク) アイブロウスタンプの紹介

眉スタンプ

 

 

 

 

 

 

 

 

KISS NEW YORK アイブロウスタンプ

 

 

この商品、KISS NEWYORK(キス ニューヨーク) アイブロウスタンプは

2パターンの眉の形が選べます。アーチ型と、ストレート型です。

  

 

カラーは、4色あります。

※ライトブラウンを購入してみました。

これは結構明るい色なので、濃くしっかりとはつかず、ふわっとした感じになりました。

 

 

メンズ用もあります。(メンズ用は、ブローブラシも付いている!)

 

 

 

 

楽して時短できる、眉・アイブロウスタンプ。使い方は?

眉スタンプとは、眉毛の形をした、スタンプのことです。(左右1組になっています)

本台のアイブロウパウダーを眉型スタンプにつけてから、

眉毛に、ポンっとおすだけ。

一瞬でキレイな眉が描けてしまう、すごいアイテムです。

時短メイクになるのはもちろん、眉毛を描くのが苦手な人にもオススメします。

スポンサーリンク

 

 

 

眉・アイブロウスタンプのメリットは?

  • とにかく楽で、時短になる。
  • 押すだけでキレイな眉の形が出来る
  • 眉毛を描くのが苦手な人にもオススメ

 

<その他>

  • 朝から気を使わない気楽でいられる。

(手書きだと、位置・形・左右対称を考えるので、朝から気を遣うなあ。って思う人はいませんか?

でも眉スタンプは気楽にポンと押すだけ・OK。)

 

 

 

 

眉・アイブロウスタンプのデメリットは?

  • 難しい。コツが必要。
  • 押す位置がずれたりすると、修正するのが面倒
  • 濃く押すと、ノッペリした感じになる。
  • ブラシでぼかしたり、アイブロウライナーで手直ししないと不自然に見える。
  • 手直しを考えると、時短になっていない気もする。

<その他>

眉型のスポンジを洗いたいので、替えが欲しいなあ、と思いましたが、売っていないのが残念。

スポンサーリンク

 

 

【時短・手直し】最小限のプラスアイテムで修正する

簡単・便利な眉スタンプですが、自然・キレイに仕上げるには、手直しが必須。

眉スタンプ修正

 

 

♦︎ ♦︎キレイに仕上げるための最小限のアイテムはこれ♦︎♦︎

 

 

コームブラシ(ブラシ部分を使います)

コームブラシ(ブラシ部分を使います)

スタンプした後、ブラシ部分でブラッシングし、つきすぎた眉毛をぼかしたり、輪郭をぼかします。

 

 

アイブロウブラシ

コームブラシのブラシ部分で、眉をぼかして自然にした後、まだ濃さが足りなかったり・修正したい時は、

アイブロウブラシで、スタンプ本体のアイブロウを取り、眉毛を描きたすだけです。

 

楽するための 重要なポイントはこれ↓

 

ポイント

アイブロウブラシは使いやすいものを選びます。

そうすれば失敗も防げますし、結果的に時短になりますヨ。

タクロン素材よりも動物の毛を使ったブラシの方が 粉含みが良く、ふわっと自然に仕上ります。

 

 

 

 

 

眉スタンプ・失敗を防ぎ、上手く押せるコツは?

  • 眉尻から眉頭にかけて押す。眉尻を強めに押して、少しずつ力を抜きながら眉頭まで押すと自然になります。
  • 濃くつきすぎると、失敗した時、修正に手間がかかるので、少し薄めにつけ、後で調整するのも良いです

 

 


如何でしたでしょうか、宜しければ参考にしてみてくださいね。

最後までありがとうございました。

-美容

© 2020 まりこりまーりの小世界