美容

【メイクブラシクリーナーのオススメ】100均とクリニークで女度をあげる

スポンサーリンク

メイクブラシはメイクをさらに良くしてくれるアイテムですよね。

女の人なら 沢山持っているよー、という人もいると思います。

 

 

メイクブラシは毎日使っていると、汚れが溜まってしまいますよね。

汚れたまま使っていると、メイクのノリが悪くなってしまうので、

メイクの仕上がりもうまくいきません。

 

 

(・・なんだか最近化粧ノリが悪いなあ、
肌の調子のせいかな?

なんて思うときは、
ブラシが汚れているだけかも知れませんよ。)

 

ブラシを使う女

 

 

 

 

 

 

汚れたブラシは、雑菌が繁殖してしまったり、湿気でカビたりすることもあるんです。

そのまま使うと、ばい菌・カビを、顔に塗りつけている事になるので怖いですよね、

肌荒れやニキビの原因にもなっちゃうので、気をつけたいところ。

 

 

美を目指す女としては、こまめに洗って、清潔にしておきましょう!

 

 

一流の美女子 は、道具の手入れを怠らない。

バラ

 

 

 

 

 

 

 

『一流の美女子は、道具の手入れを怠らない』

 

イチロー選手は、昔も今も、自分のクラブやバットを大切に扱う話を聞いたことがあります。

 

 

「一流の人は、道具の扱いも一流」

「小さいことを重ねることが、成功への道」

ということでしょう。

 

 

メイクも同じことが言えるかと思います。

お気に入りのブラシを大切に扱うことで、ブラシにさらに愛着がわく。

丁寧にする、大切にあつかう。

それは、美への基本になるところだと思います。

 

wedding

 

 

 

 

 

他人からは、見えない部分でも、キチンと管理しているということは、

女性としてもステキですよね。

 

内面は外見の雰囲気にも現われてきます。

 

 

また、ブラシを洗っている時、スッキリした気持ちになりますし、
気分をリフレッシュさせる効果も。

 

 

 

 

 

 

 

女度をあげるためには、「面倒だなあ」という気持ちに負けず、

道具を大切にしてゆくことが、近道となるでしょう。

 

 

ディープクレンジング/ダイソー パフ・スポンジ専用洗剤でOK

ザ・ダイソー パフ・スポンジ専用洗剤は、口コミサイトでも人気の洗剤です。
スッキリと汚れを取ることができる優れもの。

 

メイクパフを洗うものなのですが
じつは、ブラシクリーナーとしても使えます。

 

 

これをブラシに使うのはなぜか??

 

汚れがよく落ちるという事と、

手のひらで洗える、というところが便利なのです。

普通のブラシクリーナーよりも、手軽に短時間で 洗えますよ!!

 

 

クリーナーの値段は高いほど良い、というわけでもなく、

大切なのは、

汚れがよく落ちるものを選ぶ、ということなんです。

 

キチンと 汚れを落とすことで、ブラシの寿命も伸ばすことが出来るんです。

DAISOパフスポンジ専用洗剤

 

 

 

 

 

 

 

 

この洗剤は、100円・プチプラなので、たっぷりと使えますよ。

 

(私はもう20本以上リピートしていますよ!)

 

スポンサーリンク

 

 

ダイソー パフ・スポンジ専用洗剤  を使った、洗い方

①小さく少し深めの容器を用意し、液を入れます。

 

この洗剤は、トロッとしているので
手のひらに、液を溜めるだけでも洗えますよ!

 

ブラシが浸るようにたっぷりと入れてくださいね。

 

 

 

②毛にしっかりと原液を馴染ませます。

メイクブラシ洗い方

 

 

 

 

 

 

 

 

③その後、少量のぬるま湯を入れて、
優しく円を描くようにブラシを馴染ませてゆきます。

 

④次は、水を流しながら、しっかりと洗い流します。

 

⑤清潔なタオルで、そっと挟むように拭きます。

 

ブラシの毛の部分を下にして 日陰に干します。

上向きだと、
ブラシの根元・金具のところに水分が溜まり
しっかり乾かない事があります。

そこに雑菌が繁殖したり、
ブラシがダメになってしまう事もあるんです。

 

 

(私は過去に、毛の根元のボンドが溶けたのか
毛の部分が、ポロっと丸ごとはずれた失敗をしました・・)

 

メイクブラシ干す

 

 

 

 

 

 

 

上の写真のように、洗濯バサミで挟んで干す のもオススメ。

 

ブラシの軸を、洗濯バサミで挟みますよ。

(ブラシの軸が太くて挟めない場合は、
大きめの洗濯バサミ を見つければ、写真のように干せますよ。)

 

スポンサーリンク

 

 

 

ディープクレンジングと、ライトクレンジング、とは?

ディープクレンジングと、
ライトクレンジング、ができるアイテム

この2つがあると、さらに便利なんです。

 

ディープクレンジング

先ほど紹介した洗剤(ダイソー・パフスポンジ専用洗剤)
などを使い、水でしっかりと洗い流す方法です。

 

ライトクレンジング
ブラシにスプレーし、メイクブラシの汚れをティッシュで拭く、というもの。

手軽にサッとキレイ にする方法なのです。

 

ライトクレンジングの良いところ

・気楽にキレイにできる。1〜2分で乾くので、忙しい時にも良い。

 

・すぐ乾くので、アイシャドウの色を変えたい時など、
 すぐに同じブラシを使う事ができる。

 

・抗菌加工のあるクレンジング剤を使えば、簡単に清潔を保てる。

メイクの好きな人なら、沢山のカラーのアイシャドウを持っているかも知れませんね。

 

メイクをする時、
いつもと違う色の アイシャドウを使いたいなあ、と思う時があると思います。

meikuburasi

 

 

 

 

 

 

 

 

アイシャドウ用のブラシには、いつもの色が残っていますよね、
そのまま使うと色が混ざってしまいます・・

 

 

そんな時は、ライトクレンジングをして、しばらく乾かすだけでOK!

 

ディープクレンジングと違い、乾かす時間が短いので、
同じブラシを その日のうちに使うことができますよ。

 

スポンサーリンク

 

 

ライトクレンジング/ クリニークの ブラシクレンザー

クリニークメークアップ ブラシ クレンザー

 

 

 

 

 

 

 

ライトクレンジングには、

クリニークの、クリニークメークアップ ブラシ クレンザー

がオススメです。

 

 

スプレー式のブラシクリーナーです。

本体¥1,800     容量236m

沢山入っているので、なかなかのコスパです。

抗菌の効果もあります。

 

********************************************************

<使い方も簡単>

ブラシの両側に1回づつ、15~20cm離してスプレーし、
ティッシュで優しく拭き取ります。

その後 1~2分間自然乾燥させるだけ。

********************************************************

 

私は、クリニークのお店のカウンターで、
美容部員さんが使っているのを見て購入しました。

水のないところでも使える ので とっても気に入っています。

 

 

でも、軽く落とす、という感じなので

取れにくい 汚れには、向かないなあーと思いました。

リキッドファンデーション用のブラシなどは、汚れが強いですよね、

そういう場合には、ダイソーの洗浄剤が向いていますよ。

 

 

うまく使い分ければ、さらにメイク環境が良くなりますネ!!

 

 

 

ブラシを洗うことの注意点

 

ブラシの毛の材質によっては、毛を傷めることになる場合もありますので、

ブラシの説明書をよく読んでから、洗ってくださいね。

 

 

高級なメイクブラシは、天然の毛を使っているものもあります。

まれに、“水で洗ってはいけない”

というブラシもあります

 

その場合でも、メイクの後は、ブラシについた粉を払っておく

と何もしないよりかは良いと思います。

 

(私は、試しに洗ってみましたが、とくに問題はなく

とてもキレイになり、良かったなあと思いました。

たまに洗う程度なら、問題ないものもあるのかも知れません。

自己責任でやってみるのもありかも?)

↓こちらの記事もオススメです。

 


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

参考になれば嬉しいです。

 

それではまたね!

 

-美容

© 2020 まりこりまーりの小世界