いろいろ書いてるよっ

【カラーピーマン】ピーマンブラザーズを購入。パプリカとの違いはあるのかね

本日は、どうでも良いような 変わった野菜を発見した!、という記事です。

カラーピーマンとパプリカの違いも載せているので、よろしければお付き合いして下さいねっ。

 

 

わたくし、今日スーパーに行きました。

(わたくしは小動物か宇宙人系とかいわれますが、妖精とかじゃ無いのでちゃんと食材を買って食べています。)

 

 

見たことの無い野菜が売っていました。

カラーピーマン

“ピーマンブラザーズ”

 

ピーマンブラザーズ

??なんだこれは?

このイラストも謎ですし、テキトーな感じ。お世辞にもかわいいとは言えないですね。

それで余計に気になって手にとって見ました。

 

 

カラーピーマンura

パプリカのような色ですけど、カラーピーマン、と書いてあります。

形は確かにピーマンです。ピーマンブラザーズは3兄弟です。

 

 

色は、濃い赤色(えんじ色?毒々しい・血という感じです)が2つ。

あと1つは、黄色と黄緑のミックスカラーです。なんだこれ?

 

 

形は、とてもいびつです。

これは商品として出して良いのか?と一瞬頭をよぎるが、個性的な野菜ということに魅力を感じました。

 

 

「カラーピーマン研究会」とは?

カラーピーマン研究会

というところで生産しているようですね。色の合成とかしてるのでしょうか?

楽しんでいそうで気になったので、調べてみると、HPがありました。↓

カラーピーマン研究会

砂丘地で栽培した生でも甘いカラーピーマンです。

砂丘地帯のため、水分コントロールがしやすく、糖度が高く仕上がります。

カラーピーマンは赤、黄の2種類があり、料理の色彩を豊かにする上では、ぴったりです。

昆虫フェロモンを利用したIPM(総合的病害虫・雑草管理)に取り組み、安心安全な栽培に心がけております。

カラーピーマン研究所・HPより、引用

“昆虫フェロモン”?という聞き慣れない言葉もかいてあり、謎に謎を重ねます。。

ぜひ、ピンク色などカラフルなピーマンを作って欲しいなあ、と思いました。

 

 

165円という絶妙な価格でしたが、今の時代は個性を重要視ですね・・・購入しました。

 

 

カラーピーマン3

袋から出したよ。一番右のやつが少し痛んでいますが…これも個性なのかな。

 

写真中央のミックスカラーピーマンは、オブジェのような個性派です。

上からピーマン

まずは、濃い赤色のピーマンから食べて見ました。(生です)

とっても甘い!!果物のような美味しさでした。

ピーマンだなんて想像できないです。

甘いトマトのような味で、パプリカとも似てるけど、もっと完熟した甘さでした。

カラーピーマン研究会、なかなかやるなあ、って思いました。

 

 

カラーピーマンとパプリカの違いは?

カラーピーマン

ピーマンは未成熟な状態で収穫されているために緑色をしていますが、熟していくうちに、黄色やオレンジ、赤と色が変わっていきます。それがカラーピーマンです。

味は、苦味がなくなって、熟していくに連れて甘くなり、ビタミンCも増えるのだそう。

パプリカ

パプリカは果肉が厚くて、全体的に大きいです。(果肉が薄くて細長いものがピーマン)

パプリカにもビタミンCやカロテンが含まれるそうです。

 

まとめると

カラーピーマンという分類の中の一種がパプリカなのだそう。

曖昧ですが、カラーピーマン=パプリカと思っていても良いのかも知れません。レシピ本などにカラーピーマンって書いてあったら、パプリカでOKだと思います。

 

 

このカラーピーマンは、収穫まで時間や手間をかけて栽培されているんだなあ、って思うと、なにか嬉しい気持ちになりました。

味も美味しいし、出会えて感謝です。

みなさんもカラーピーマンを見かけたら、ぜひ手にとって見て欲しいです。

 

 

それではまたね〜!

-いろいろ書いてるよっ

© 2020 まりこりまーりの小世界